同期勉強会!!テーマ「失行性失書」!!

どうもイラSです


今回は失行性失書の話です


失行性失書

文字の形態を完成するために必要な字画・筆順が記録された運動プログラムの障害

内言語障害は認めない

書字動作は極めて緩慢

写字であっても逐次書きをしたり自己修正が見られる


仮名の連続的要素を含む字や曲線部分で困難

いわゆる書字に現れた行為障害である


失行性失書に類似する症状に構成失書がある

違いは図形構成能力が保たれているどうか



失行性失書は図形構成能力は保たれている



今回の症例については失語症,構成障害があり純粋型ではなかったが

文字の模写に比べ,図形の模写の方が保たれていた



このことから,失行性失書例として発表されたと思われた



Baxter ら(1986)がideational agraphia として報告した失行性失書の症例

失語,失読,失行,構成障害がなく,失書については,アルファベット26 文字を刺激とする

書字課題で書取では障害が顕著であったが,写字ではほぼ全ての字を正しく書けた

さらに,構成や描画課題の結果から,

この症例には視空間スキルの障害が認められなかったので,

書字の運動要因のみの障害に起因する「純粋」な失行性失書として,現在まで度々引用される


画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック