新生活を円滑に進めるには??能力を最大限引き出す方法!!

いよいよ4月ですね~
3月は卒業式、国家試験合格発表等ありました~
今年の卒業式では学生さんをリップシンクで送り出し~
国家試験合格発表は~
全国平均合格率69.4%で1,766名のSTが誕生しました~
しかし!!慣れない環境の中で自分の力を最大限出すのは難しいですよね~
そのためにはどうすればよいのか~

脳の能力には限界があります
パフォーマンスが下がらないようにするためには
①睡眠時間の確保(寝不足ですと脳の回転が悪くなり能力を発揮できません)
②朝時間の使い方(脳が回転しやすい状態になっています)
③休憩のとり方(疲れる前に休憩を取ると回復がしやすいです)
が大事になります
これらに気をつけて日々を送りましょう

ちなみに
睡眠時間は7~8時間取ると良いと言われています
個人差があるので、調子がいいなと思う時間を記録し、確保しましょう
朝時間は寝起きの脳は整理されている状態です
簡単に出来る事から始めて難しい事を行うと良いです
注意力は10~15分と言われています
ちょっとでも疲れが出たら別のことをして休憩を取りましょう

これらを実用的にするためには
自分に合った時間把握をする事が大事です
記録をとり、日々を過ごしましょう
このようにして習慣化していく事で
自分のパフォーマンスを最大限に発揮できるようになります
調子が良い自分を継続するために
少し記録していくと良いと思います

理想の人生をつくる習慣化大全 - 古川武士
理想の人生をつくる習慣化大全 - 古川武士

合格発表までの道のり!!不安を回避する外的集中力!!

先日、言語聴覚士の国家試験が行われました~
今年の国試は午後が難易度高めだったようです
どれだけ午前中で得点の稼げたかが
合格の分かれ目になりそうな回でした~
迷う問題は28題だったので
合格率はやはり上がりそうです~
しかし合格発表までは不安が残りますよね~

人の考えの8割はネガティブであると言われています
しかしながら研究では~
心配事の9割は起きないと言われています
残りの1割も対処できない確率は1%とも言われています
そんなネガティブ思考を打破するためには
気持ちを紙に書き出す、アドバイスを受け止める
身体を動かしてみるなど

外的集中力を使用することが
ネガティブ思考を打破する鍵になります
外的集中力は外界、内臓系(肺・心臓など)に注意を向ける事で
自分を悩ませている事柄への意識が低下します
しかし外的集中力を失うと
自分を悩ませている事柄への意識が高まります
従って外的集中力をコントロールすることが重要なのです!!

運動中などは外的集中力を高めますが
内的集中力を使用し、別のことを考えると
苦しさが減少するという効果があります
これは外的集中力が分散した状態となり苦しくないのです
したがって合格発表までは真剣に
夢中になれる事、自分が好きな事、楽しい事を進んで行う事で
外的集中力を高め合格発表までの不安を解消しましょう!!

最強の集中力 本当にやりたいことに没頭する技術 - ニール・イヤール, ジュリー・リー, 野中 香方子
最強の集中力 本当にやりたいことに没頭する技術 - ニール・イヤール, ジュリー・リー, 野中 香方子