泣き!!泣き!!笑い?!笑い??実習地行脚の旅!!学生の評価は果たして!?

他の職種にも多くみられる決まりですが





言語聴覚士になるためには他の職種同様





実習にいかなくてはなりません





言語聴覚士は400時間以上実習に行くことになっています





これは,国家試験には実技試験がないため






実技試験が実習と考えていいと思います























学生たちも続々と実習に足を運んでいます





見学実習,評価実習と総合実習と…




はじめの実習ではボコボコ,ボロボロに言われる学生が多かった~(涙)




バイザーの求める学生の知識の量と技術が~




当時の学生たちにはなく,バランスの悪い実習でした…




なかなか学生たちにはシンドイ実習だったと…思います…























しかーし!!最後の実習では~




ほぼすべての学生が頑張っている!!よくやっている!!などなど




褒められることばかりでした~!!




現場でしか味わえない経験と極限状態での知識の吸収力!!




シンドイ中でも学生が良く頑張ってくれました~




鼻高々で実習地を後にできました~























実習地の先生方もはじめの実習からの成長を目にして





学生たちの努力を認めてくれました~




その努力にバイザーの先生方も答えて頂き




学生たちもよい充実した実習が送れたと感じていたようです




これらの経験を糧に卒業後の臨床に生かしてくれると思います




バイザーの先生方ありがとうございました~

画像


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 作業療法士・理学療法士 臨床実習ガイドブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"泣き!!泣き!!笑い?!笑い??実習地行脚の旅!!学生の評価は果たして!?"へのコメントを書く

お名前:
ホームページアドレス:
コメント: