職場復職計画始動!!復職希望はグループ職員!?

復職は会社の理解とその人が必要であるかにより




可能となることが多い





復職をさせる場合、具体的にどのようにして





復職してもらおうかと会社は考える





復帰時期や方法,出来る仕事の確認,配置転換などに配慮して





計画を立てていく





今回はグループ職員の職場復帰計画のお話です
























先日から当グループにおいて





復職計画を立て実施しているリハスタッフがいます





このリハスタッフは脳血管障害になってしまい…





半年間のリハビリ生活へ…





しかし物凄い回復力で復職できるかも?!





というレベルにまで改善していました~
























復職をめざし





まずは自宅より近い近隣への配置転換





仕事量,拘束時間を段階的に引き上げるプランを提示






復職できるかどうかの研修期間を設けました






身体の耐久性、職業的な技術、思考力などを勘案し雇用体系を決定していきます






決定に際しては仕事を職場のスタッフとともに実施しスタッフが能力を見極めていきます






このような復職計画を実施中なのです























このような環境と提供して頂いたグループと施設に感謝です





あとは,彼の頑張り次第です






彼が頑張りぬくことでその後の人生が大きく変化します






彼には頑張って貰いたいものです



高次脳機能障害学
医歯薬出版
石合 純夫
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高次脳機能障害学 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





勝負の時到来?!第15回言語聴覚士国家試験!!

つっついにこの日が来ました!!



第15回言語聴覚士国家試験当日です!!



受験生の皆さん今回の試験はいかがだったでしょうか



今年の難易度は…



今回の試験をみていないので正確なことは言えないです…




結果は平成25年3月27日(水曜日)午後2時に



厚生労働省にその受験地、受験番号を掲示



公益財団法人医療研修推進財団のホームページにおいても



その受験地、受験番号を掲示して発表してくれるようです























そんなの待てない方は~



2チャンネル辺りで速報を行っていると思います



正確かどうかは…



ただ明らかに正解なものというものはいくつもありますから



目安にはなると思いますよ~



更新がされるようなので1回見ただけのものを鵜呑みにしなくても良いとは思いますよ
























合格は120点ですからそれを下回らなければ良いのです




6割合格で6割の合格率…




点が取りにくい言語聴覚士の試験は難しいと言えるでしょう



国家試験は5年ごとに若干傾向が変わります



そこで5年ごとに平均合格率出してみると



第1~5回55.04%、第6~10回62.08%、第11~14回63.42%(4年分)で



今回の5年間は前回までの10年間と比べ若干易しくなっている??かも??



このことから第15回の合格率63.5%以上になっているのではないかと思われます~
























今回も第1回~第14回までの平均の1458名程度の合格者が出ると思います




現在は国の後押しもあり言語聴覚士を欲している施設が多く存在しています




言語聴覚士は第15回の合格者を含めると2万1900名程度になると思われます




世間的にはまだまだマイノリティーの職種と言えるしょう




ですから今後も言語聴覚士の就職には困らない




合格された方は自分に合った就職先が見つかると思われます~




色々施設の説明を見聞きし、自分に合った就職先を見つけましょう~


言語聴覚士テキスト
医歯薬出版
岩田誠
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 言語聴覚士テキスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


このテキストから国家試験が出ることがあるようですよ
画像




言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説〈2013年版〉
大揚社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説〈2013年版〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ギリギリセーフ?!間に合った?!第14回!!言語聴覚士学会演題募集!!

平成25年6月28・29日(金・土)に~




北海道で第14回言語聴覚士学会が開催されます~




言語聴覚士の学会発表には~




言語聴覚士学会,高次脳機能障害学会,神経心理学学会,音声言語医学学会,




摂食・嚥下学会などがあります~




その中でも言語聴覚士学会は言語聴覚士のみが学会発表をする場なのです~




臨床の経験や研究成果など発表をする場所になります~




















今回の学会のテーマは「言語聴覚療法の可能性」のようですね~




プログラムをみてみますと~




脳損傷からみる言語のしくみ,言語を生み出す人間の脳,




吃音の評価と治療,日常生活の中の神経学, ST領域の開業,




摂食嚥下のトピック(医師・言語聴覚士・栄養士の立場から),発達障害の臨床,




聴覚障害の臨床,高次脳機能障害の臨床,構音障害の臨床,音声障害の臨床,




感情とリハビリテーションということでした




個人的には日常生活の中の神経学,ST領域の開業,




感情とリハビリテーションに期待しています~



















今回も一般演題が他にありますが~




一般演題は1月31日に締め切りを迎えました~




私も演題を出そうとしていました~




これをやろうと思っていたネタもあったのですが~




締切日の確認が遅れ~取り掛かりが遅れました~




冷や冷やでした~冷や冷やでしたが~




なんとか~演題を~締め切り30分前に提出することが~出来ました~




良かった良かった!!次回からは確認を怠らないようにしたいと思います~






















今回の学会は北海道ということもあり演題数が増えそうです~





前回の学会では一般演題277題!!





今回は何題になるのでしょ~楽しみです~





あとはプログラムを見聞きし、美味しいものを食べて





リフレッシュし新たな症例に良い治療ができるようになると良いと思います~






北海道に行かれる言語聴覚士の皆様~会場でお会いしましょ~


画像




言語聴覚士テキスト
医歯薬出版
岩田誠
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 言語聴覚士テキスト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


言語聴覚士国家試験を受ける方は必須アイテム!!

平成25年一発目は~!!またも無茶振り!?平成25年度!!言語聴覚士争奪戦参戦?!

年が明けましたね~皆様おめでとうございます~



今年もよろしくお願いします~



今回は来春の言語聴覚士追い込み募集の話です~



言語聴覚士は75%が病院に就職しています



私の所属するグループは~



10病院以上,5施設・5クリニック以上他と~



意外と大きなグループに所属しており



基本的には神奈川県中心(横浜,藤沢,茅ヶ崎,平塚)に



東京(町田),静岡(伊豆)などに存在しています






















そんなグループでなんと~



10名以上のSTを確保することになりました~



目的は回復期・通所・訪問を強化することです~



ほぼ病院の募集となります~



どの病院にも先輩が在籍していますし~



グループでの研修会,勉強会などがあります



従って,学習がしやすい環境となっております~























県外の方には~また独身寮もあります~!!



給与は基本給等合計で月24万以上です~



経験,年齢は問われません!!



やる気があり,勉強したい方にはよいのではないかと思います~



病院見学など随時行っていますので



↓のURLから資料請求して頂ければと思います~



http://www.fureai-g.or.jp/jinji/job/n16.htm























資料請求までは~という方は~



irairast@yahoo.co.jpまでアクセスして頂ければ~



折り返し私から連絡させていただきます~



ご興味のある方は是非!!



10年以上働いているといろいろなお仕事が回ってきます~



ちなみに↓はグループのURLです



http://www.fureai-g.or.jp/
画像


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プロフェッショナル! 言語聴覚士の仕事―伝える 支える 心をつなぐ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


言語聴覚士のことがわかる一冊です



言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説〈2013年版〉
大揚社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 言語聴覚士国家試験過去問題3年間の解答と解説〈2013年版〉 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

第25回すべべん!!開催!!さらに参加者増加中!?

2009年7月より開始したすべらないST勉強会も早第25回目になりました~



月日が過ぎていますが~



勉強会は開催されていました~



相変わらず更新が滞っていました~



前回までの内容は以下の通りです~



第22回!!「呼吸理学療法伝達」!!



第23回!!「老健経口移行症例」!!



第24回!!「嚥下学会伝達嚥下チーム医療」!! でした~



第24回では人員がさらに増加しました~





















今回の第25回は人員増加はありませんでしたが~



「老健の経口摂取への取り組み」という勉強会となりました~



老健のSTは少ないながら



ほぼすべての入所者,利用者さんを対象とします



しかも多くは年齢を重ねている方が多く



必然的に嚥下障害を伴っている方が多いわけです



従ってSTの力だけでなく多職種との協力が重要になっていきます
























今回は1症例の嚥下障害について



2度に分けてのカンファレンスを行い



フロアーと連携し集中的な訓練を実施出来た



さらに経口摂取にもっていった症例の話でした



この後…フロアーの意識の変化があったようで嚥下に関する相談などが増えてきたようです



今回の1症例が足掛かりになり嚥下についての意識が向上した様です



良かったですね~























なかなか



連携が取りにくい状況の中で働いているSTさんもいると思います



自分で出来る何かアクションを起こしつつ小さな変化が大きな一歩に繋がって行く



繋がるように行っていくことが重要なんだと感じさせられる話でした~



そのためには協力してもらいやすい環境を作ることも必要ですから



特にSTは人の数が少ない分



日常的にスタッフと仲良くしていくことも重要ですよね~
画像


高齢者の生活機能の総合的評価
新興医学出版社
鳥羽 研二
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 高齢者の生活機能の総合的評価 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


この本は生活機能に焦点を当てた本です
総合的に書かれておりなかなか為になる本です

作業療法士勉強会に!!参戦!!そして…!!高次脳機能研究会に!?招聘??

研究会…




学術や芸術などある領域に関する有識者,




関心を持つ者,あるいは企業,




大学生のクラブ活動(サークル活動)などが




組織を構成する集団のこと…




その組織態様は学会に極めて近いものから




単なる内輪の趣味の集まりまで様々…




















今回は設立された研究会に




私のパワーポイントが参加した話です~




知り合いの作業療法士さんがなんと研究会に設立



その会にゲストして招聘されたのです~



テーマは記憶障害!!



言語聴覚士が行う臨床の話がほしいとのことでした~





















これまで




作業療法士さんと一緒に




画像勉強会,失語症勉強会,半側空間無視など




合同で勉強会をしていたのです~




そこで白羽の矢が~




残念ながら予定が合わず




パワーポイントのみの参加となりました





















結果…




まずますの反応だったようです



その後も作業療法士さん



継続して研究会を実施しています



「失語症」,「注意・半側空間無視」などなど



頑張ってます作業療法士さん!!



私も頑張ろ~!!っと


画像




この本は高次脳機能障害の訓練にすぐに使えるCD-ROMがついています
このCD-ROMがよく訓練に使えますよ~

祝!!第20回越え!?すべらないST勉強会!!脊髄小脳変性症事例発表!!

すべらないST勉強会(通称「すべべん」)



更新あまりできていませんが…



ななんと~第21回が実施されました~



少々忙しく更新が出来なかったですが昨年から今年5月まで実施されていました~



実施内容は以下の通りでした


















第13回!!すべらないST勉強会開幕!!この人ホントに認知症!?



第14回!!すべらないST勉強会!!失読失書症例!!



第15回!!すべらないST勉強会!!遂行機能障害例!!



第16回!!すべらないST勉強会!!運動障害性構音障害例!!



第17回!!すべらないST勉強会!!高次脳機能障害の就労支援!!



第18回!!すべらないST勉強会!!注意障害症例!!



第19回!!すべらないST勉強会!!総会!!



第20回!!すべらないST勉強会!!アナログ時計が読めない高次脳機能障害症例!!…























今回は第21回の勉強会が開催されました



今回のテーマは老人保健施設における脊髄小脳変性症の事例発表!!



脊髄小脳変性症は変性疾患と呼ばれる進行性の病気です



嚥下障害や構音障害徐々に認められるようになります



この方は嚥下障害が徐々に進行していました



進行疾患の場合,安全に食べたいものが食べられる期間がわずかです



その時その瞬間の食べられるものを提供できることが最善です






















取り巻く環境が整っていない苦悩からのフロアを巻き込んだ



患者さんの嚥下機能の観察方法を確立し,



患者さんも納得した安全な食形態を現在も食べていられるという



素敵な発表でした~



すべべんは月1回月末の木曜日に実施しています~



茅ヶ崎or平塚辺りの病院にて開催されております~



興味がある方はirairast@yahoo.co.jpまでご連絡くださいませ~


画像



IN福岡!!第13回言語聴覚学会開催!!ポスター発表は意外と大変だ~!!

平成24年6月15~16日にかけて




福岡博多にて第13回言語聴覚学会が開催されました~




行かれた皆様お疲れ様でした




という私も行きましたが~





前年度は震災の影響を受けて中止となった学会




2年振りということになります




今回の一般演題は277題!!




言語聴覚士の1.3%以上が演題を出していることになります



















私も演題発表をしていました~





聞きに来て下さった皆様ありがとうございました





今回は初の試みでポスター発表をさせていただきましたが…





準備が大変でした~





A3の紙でたくさん貼りつけるポスターであれば






それ程大変ではなかったのですが





今回は一枚の紙A0(84.1×118.9㎝)の用紙にポスターを作製したので





これが大変でした!!





















なんせ普通の印刷機では印刷できないサイズなので,





ちなみに学会の指定は90×210㎝でした





A0でもやや小さめということになるのですが…





依頼しようとしていた会社が機械の故障で印刷できないという





トラブルに見舞われ,印刷会社を探すことに…





当初の予定より印刷が遅くなってしまいました





今回はプリントパックhttp://www.printpac.co.jp/さんに依頼したのですが





福岡出発前日にぎりぎり間に合うという感じに…





しかし,出来栄えは素晴らしかったです!!





プリントパックさんに感謝感謝です




















日にちがなかったので印刷会社の選定が大変でしたが




後日,学会指定のサイズでも印刷が可能な会社を発見!!




1000プリhttp://1000pri.com/という会社で




次回はここに注文してみようと思います~


画像

え~職場異動!!言語聴覚士!!母校へ帰る?!

言語聴覚士の75%は医療関係に





2%は養成校の職員となっています




2012年3月末現在で




言語聴覚士は20370名となっています




従って,医療関係には15277名,




養成校には407名の職員がいるということになります




今回は,私の異動の話です






















私4月になんと養成校に異動となりました




仕事の勝手が大きく変わり




なんだかブログ更新が…




なかなかできませんでしたが…




少し時間が出来たので更新しちゃいます
























病院と養成校との大きな違いは





病院はその日その日の仕事に全力を注ぐこと





養成校は目標日に向けた準備と雑用が多くあるということです





ともにやりがいはありますが





大変さは変わりませんね~




まだ2か月ですがそう感じます
























新しいことは




面白さはありますが




大変さが付きまといます




ST1年目の気持ちで




1年目の特権をフル活用し




いろいろとわからないことを聞きまくってます




ST1年目の皆様もたくさん聞きまくって下さいね!!




ともに頑張りましょう~!!



ちなみに下の本ですが
嚥下訓練で悩んでいる療法士におすすめ本です
私も新人時代お世話になった本です
基礎的なこともコンパクトにまとめられており
訓練も多く書かれております
しかも本のサイズも小さく持ち運びも便利な本です
おすすめです!!


嚥下障害ポケットマニュアル
医歯薬出版
聖隷嚥下チーム
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 嚥下障害ポケットマニュアル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



第14回言語聴覚士国家試験合格発表終了!!言語聴覚士探し再開!?この指とーまれ!!

3月28日は




一般の方に特殊な仕事と言われた…



皆様あまりご存じではない



第14回言語聴覚士国家試験の合格発表でした



受験者は2263名,合格者は1410名,合格率は62.3%



これで言語聴覚士は2万人越え



マイノリテーな仲間が増えてきました~



合格された方々の活躍を期待しています~























さて,合格者の裏では



涙を呑んだ人々もいる訳ですね



853名のうちの1名が



当院に入職する予定でした…



残念ながら



来年度からの採用はなくなってしまった訳です…



頑張っていたのですが残念です…























しかーし!!



このことで当院の言語聴覚士に



欠員が1名出ているのです!!



少数民族の言語聴覚士にとって1名減は



大変な大問題となります!!



そこで…



言語聴覚士さんを1名募集しまーす!!






















勤務先のご紹介!!




勤務地は湘南の香りがする神奈川県茅ケ崎市



対象は成人



ベッド数は274床の5階建て



病棟は回復期病棟のほか,一般病棟,特殊疾患病棟,透析病棟があります




仕事内容は言語訓練,嚥下訓練,高次脳機能訓練です




仕事割合は回復期9割,その他1割で行っています




スタッフは5名(育休1名)常勤勤務しております




またご希望があれば,訪問リハ,通所リハ,老健リハも




実施出来る素敵な病院です




興味のある方は



私のメールirairast@yahoo.co.jpにダイレクトにアクセスして下さーい



尚,決まり次第募集は終了とさせていただきます



ご了承くださいませ


画像



さ~あ同期勉強会開催!!認知症症例!!果たして独居できるかのか?!

認知症は



後天的な脳の器質的障害により



いったん正常に発達した知能が低下した状態をいいます



医学的には「知能」の他に



「記憶」「見当識」を含む認知の障害や



「人格変化」などを伴った症候群として定義されています



単に老化に伴って物覚えが悪くなるといった



誰にでも起きる現象は含まず



病的に能力が低下するもののみをさします…





















今回は認知症症例についてのお話



本例は認知症と診断されてもなお



独居生活をされていました



ご主人は他界,子供たち他県へいっており



本当に独居という状態でした



しかし運悪く脳血管障害をおこしてしまい…



入院となりました…


















その結果,記憶・注意力,空間認知も低下し



道順も分からなくなってしまった~



このままでは自宅に帰ってもお家に帰れなくなったり



お家の鍵を忘れたり火を消し忘れたり…



誰かと住んでいたら間違いなく



自宅退院できるレベルの身体状態だったのですが…






















一生懸命リハビリに励みました



レベルアップされました良くなってきました



しかしながら,検査結果…



独居出来るほどのレベルにはならず…




もともとの生活がぎりぎり独居生活をされていたと思われ




やはり記憶,空間認知のレベルが改善しきらなかったのがネックでした…




あえなく施設退院となりました…




残念!!帰してあげたかった~



画像



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 認知症やひとり暮らしを支える 在宅ケア「小規模多機能」 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


およよ~去年より発表数が増えたのに~!?ついに失語症演題消滅!?第56回音声言語医学会!!

音声言語医学会の活動は音声と聴覚



言語に代表されるコミュニケーション医学だけでなく



最近ではこれらを統括する高次脳機能



増加しつつある嚥下障害と広い範囲に及んでいます…



音声に関しては、DVD「動画で見る音声障害」,



嗄声のサンプルテープ.「声の検査法」,「新版 声の検査法」など….



音声障害の臨床に若手医師だけでなく



言語聴覚士にとっても非常に有用なものを提供しています






















今年度の音声言語医学会は東京で開催されました



去年よりも演題数も増え盛り上がっているかに見えました



しかしながら,失語症演題,ポスター発表がなくなり…



前年度とほぼ同じ発表がなされる淋しい学会となっていました…



現在は学会会員数が減少傾向にあるらしいです…























しかし音声言語医学会も存続させるように



音声言語医学に関する教材の出版や



研究助成制度のように音声言語医学に関連する研究を活性化すること



音声言語医学に関心を持つ方を増やすために



関連する領域を専門とする非会員にも学会の活動を知ってもらい



直近2年間を除いた学会誌を非会員の方にも



ネット上で公開するようにサービス提供しています























私も半世紀以上も続いている学会を



存続させて頂きたいと節に願っています



今後も音声言語領域および小児,聴覚の領域を



発展させていただきたいと思います



それには魅力ある学会にして貰いたいと思います


画像




新編 声の検査法
医歯薬出版
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 新編 声の検査法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


終了~!!第14回言語聴覚士国家試験!!受験者の行方はいかに?!

言語聴覚士とは



言語聴覚士法に基づき、音声機能、言語機能、摂食・嚥下機能、又は



聴覚に障害のある者に対し、その機能の維持向上を図ることと



言語訓練その他の訓練、これに必要な検査及び助言、指導その他の援助を行う



コ・メディカルの一つで、医療機関、教育機関、保健福祉機関等で幅広く



活動している名称独占資格である…

























今年の言語聴覚士の国家試験は



2月18日に終了しました~



3月28日に合否結果が出るようです



今年の国家試験は比較的点の取りやすかったようです



この分だと合格率は6割を超えるのではないかと予想されます


























言語聴覚士の資格を取った人々は



第1回合格率(平成11年)87.9%(受験4,556人、合格4,003人)



第2回合格率(平成12年)42.4%(受験1,565人、合格 664人)



第3回合格率(平成13年)49.1%(受験1,908人、合格 936人)



第4回合格率(平成14年)53.8%(受験2,113人、合格1,137人)



第5回合格率(平成15年)42.0%(受験2,447人、 合格1,027人)



第6回合格率(平成16年)68.2%(受験1,658人、 合格1,130人)



第7回合格率(平成17年)55.8%(受験1,812人、 合格1,012人)



第8回合格率(平成18年)62.4%(受験2,226人、 合格1,389人)



第9回合格率(平成19年)54.5%(受験2,323人、合格1,266人)



第10回合格率(平成20年)69.5%(受験2,574人、合格1,788人)



第11回合格率(平成21年)57.3%(受験2,347人、合格1,344人)



第12回合格率(平成22年)64.8%(受験2,498人、合格1,619人)



第13回合格率(平成23年)69.3%(受験2,374人、合格1,645人)



一応合格点は120点以上という感じになっています

























当院でも来年度新卒者が入職することになっていますが



121~122点ぐらいは取れているということなので



まずなんとか良かったかなと思っています



さて今回試験を受けた皆様



お疲れさまでした


画像






復活~?!すべらな~いST勉強会!!再開のキーメーカーはオーディエンス?!

勉強会を開催するには…




テーマの選定,発表者の選定,日時の決定,




スケジュールの調整,場所の決定,




アナウンス,告知,参加登録,当日の開催,




懇親会,飲み会,報告,資料の蓄積,




公開などのプロセス…必要です





















今回はすべらないST勉強会復活の話




勉強会復活までのプロセスとして問題なのは




場所と発表者を選定でした




昨年の震災以降節電ため当院では




勉強会も業務時間外で開催しづらい状況でした




そこで主催者の都合を優先させ開催場所確保が完了




開催にこぎ着けました~






















発表者の選定はなかなかの問題でした





前回の総会で確認された自主性での発表者決め




結局,発表者はほどんど出ず…




残念な結果でしたね…




この結果を踏まえ参加者が





どう感じ考えるかが焦点でしたが





答えてくれましたね~





オーディエンスが自主的に~






















結局,月担当をつけることとなり




開催を継続する運びとなりました~




場所も確保され




さて,今年度の勉強会は~





どのように展開していくでしょうか~





乞う!!ご期待!!




画像

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 勉強会へ行こう!――「会社を辞めても困らない人」になるスピード成長法 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


同期勉強会幕開け!!原発性進行性失語じゃいっ!!

原発性進行性失語 (primary progressive aphasia: PPA) は~





Mesulam(1982)によって提唱された概念





緩徐進行性失語(slowly progressive aphasia: SPA)を包括した臨床概念






言語領域に際立った機能低下を示し






進行とともに記憶や視空間認知などの他の領域にも障害が及ぶが







少なくとも発症後2年以内には







言語以外の認知機能や社会的行動に関して異常が認められない変性疾患…
























今回は非流暢性発話から始まったPPAの話





発語失行から発症し失語症状が緩徐に出てきている症例





勿論評価し失語症訓練・発語失行の訓練をしていく…






結果…やはり効果は上がっていきました~





進行疾患でも訓練することにより





機能向上が認められるということでした






















しかし,この症例は進行疾患であるので




いずれ機能が低下してしまう




機能改善・維持とともに




今後を見据えた対処的な訓練の必要である





認知機能,社会的行動に関し




今後の状態を知らせること




低下してきた場合の対処方法を




提示していくことも必要である























原発性進行性失語症は





言語領域に際立った機能低下への治療






記憶や視空間認知などの他の領域にも障害が及ぶことへの対応






この2点に焦点を当てて訓練を実施していく必要がある






言語訓練を実施していくことで機能回復する






諦めず訓練をしていく必要が有効であることがわかる





画像



2人調査員現る!!グループディスカッションは穏やかムード!?

グループディスカッションとは…





グループで、あるテーマについて





討論すること






特に、その自由討論によって






各人の能力や積極性などを







判定・開発する集団討議法…

























今回はそんな討議を役人とするお話…






来年度事業再開に向けて国から仕込まれた調査員が2人





お相手は私と主任と事務さんの3人






計5人のグループディスカッションをしました~





来年度の体制やら人員,内容,意気込みなどを






穏やかなムードでディスカッションしました~
























さらに調査員は~






実地調査もしていかれました~







施設面,書類面…






いくつか改善点を指摘されましたね~







もう少し準備をしないといけませんね~





次回は指摘されないようにしたいと






思う今日この頃でした





















結局,指摘もありましたが





大きな問題はなく事業は再開の運びとなりました~





私はいろいろと初体験だったので…





ワクワクでした~





次回はそうもいってられませんが…

画像



ロジカル・ディスカッション
日本経済新聞出版社
堀 公俊
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ロジカル・ディスカッション の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


半年で成長??新入職員能力ア~プ??

能力評価をどのようにするか…




被評価者が評価期間内にどの程度期待し




求められる職務遂行能力を発揮することができたか




評価項目毎に評価し、その評価点を合計する





このことで能力評価を行う…

























今回は今年の新人について評価してみると…





項目としては~10項目あります~





「職務に必要な知識、技術やIT関係及び技術その活用に係る能力」





「職務に必要な情報を収集、分析、活用する能力」






「患者様に対して誠実に対応する能力」







「患者様とともに目標の実現に取り組んでいこうとする能力」






「他の職員との協力により職務を円滑に遂行する能力」






「社会規範や職場の規律を遵守する能力」






「言語聴覚士としての自覚を持って真摯に職務に臨む能力」







これらはすくすくと育っている印象があります
























しかし…上記に比べると~







「状況を把握し、適切に対応する能力」






「問題点を把握し、その解決のための方策計画力を見出し、実現のための段取りを組み立てる能力」






「自分の考えや意図を立場や意見の異なる相手に伝え、説得し、納得させる能力」







これらはもうひと踏ん張りというところでしょうか
























総合的には半年期間内で予想以上のレベルアップがなされています







頑張っている姿も見られますし,努力の賜物でしょう







すぐにてんぱってしまうこともありますが~







なんとか仕事をこなし日々もまれ強くなりつつあります







さらに成長をしてほしいと願い







きっと現状の努力があれば成長していくでしょ~


画像



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 自分は評価されていないと思ったら読む本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


またまた無茶ぶり~?!研修会で発表者??

研修は英語にすると




”study”とか”research”と訳します




勉強するとか調べるという意味です




また学問・技能などをみがき修得すること




特に、職務に対する理解を深め、




習熟するために学習すること




このことから




研修は強制的に参加している方もいるのでは



と考えられます
























今回は研修会発表を無茶ぶりされました~



なんとパワーポイントを1週間で作り



作ったもの評価を受ける



修正があるかも??などと言われつつ…



テーマは嚥下!!



嚥下造影検査を使いつつ



角度をつけて食べさせるとよいということ



を入れてと注文は多く…























しかし頑張りました~



注文を入れ込み詳細に検査の見方など



パワーポイントをふんだんに作り評価をしてもらいました



結果~合格を貰いました~



発表当日にはスライドの量を減少させ



時間内で納めるようにしてみました~























研修会は強制参加している人が多いと思いますから



早めに終わりみんなに喜ばれたのではないかなと



自己満足しております~



やはり,時間内に終わること!!



それが1番大事ですよね~



画像



学生復活!!リベンジ実習!!行方は??

養成施設の教員は




国家試験合格を優先するあまり学生の評価を



甘く採点することがあります



その結果,卒業後



重大な医療事故につながりかねない



といった懸念もあります…























今回の学生はあまりに知識不足だったため



患者さんに申し訳ないので



知識を蓄えてもらため1ヶ月半の猶予を与えていました



リベンジの機会を与えた学生さん…



戻ってきました!!























頑張ってきたようで…で??



頑張ってきたようで~



頑張りが足りなかったようで~



やはり厳しいようでした…



残念な結果となりました…
























やはり



自分の実力を日々付けていかないと



いざというときに力を発揮できないですね



限られた時間で力を付けなければいけませんから



計画的に力をつけて貰いたかった学生さんでした



学校はどんな判断をするのでしょう…

画像




amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 言語聴覚士テキスト 第2版 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


いざ!!慶応大学へ!!平成23年度 第1回全国研修会参上!!

言語聴覚士には全国研修会が年に2回あります



だいたい7月と11月



東京と大阪辺りで開催されることが多いです



内容はその年により異なり



生涯学習プログラム内容を実施しています




ちなみに…生涯学習とは




人が生涯にわたり学び・学習の活動を続けていくこと…




このプログラムが構成されている訳です




















今回は「特別支援教育―STの関わり」「臨床実習」でした



特別支援教育は3人のSTが説明してくれました~



しかし…1人はあまりうまくまとまっておらず




わかり辛いものでした~残念!!



臨床実習は2人のSTが



学校側からの臨床実習



病院ので臨床実習の話をして下さり



なかなか為になる話でした~



















臨床実習の病院の話は



当院とほぼ同様の学生の質が垣間見え



さらに,当院よりも細かく実習をされている様を供覧でき



当院のやり方も的外れではないなと



感じられる内容でした



今後も継続して現在の方法で臨床実習をしていきたいと



感じられた内容でした~
























今回の研修は昨年よりは質的に落ちる部分がありましたが



今後に活かせる内容であったことがよかったと思います



11月にも実施されるであろう全国研修




今後も継続して行ってみたいという思える会でした




認定資格の受講ができるようになる




生涯学習プログラムの点も貰えますしね~



次回も是非参加してみたいと思います

画像





amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 臨床実習指導のプロモーション―はじめて臨床実習指導をする人のために の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






学生とともに創る臨床実習指導ワークブック
医学書院
藤岡 完治

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 学生とともに創る臨床実習指導ワークブック の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル